RECIPE

一皿のお味噌

日々の暮らしにお味噌をすこし。味良くここちよく暮らしをみつめて。
焼きたまごのトースト

暦もいよいよ立夏を迎えます。
新緑の香りに包まれる、爽やかな季節の到来です。
そんな季節に最適「焼きたまごのトースト」をご紹介します。
まずは、卵を2個、ハムとスライスチーズ、サンドイッチ用のパンをご用意ください。
作り方はとっても簡単。
まず、卵を割りほぐし、塩・コショウを加え、よく混ぜておきます。
パンにお味噌と和辛子をぬり、事前にハムとチーズものせておきましょう。
フライパンにやや多めの油をなじませて、溶きたまごを流し入れパンを中央に置き、薄焼きたまごの四辺を折りたたむように返します。
見た目はまるでガレットのような仕上がりに。
さらに黒コショウをふり、返して、フタをして弱火で2分程度蒸し焼きにします。
このフタをすることで、食パンがモチモチとした食感に。
お味の決め手は、事前に塗っておいた西京味噌と和辛子。
和の調味料がやさしいお味に仕上げてくれます。
ゴールデンウィークの朝ごはんや、軽めのお昼ごはんにいかがでしょうか。

つくり方

  1. 卵を割りほぐし、塩・コショウを加えよく混ぜる。
  2. パンに西京味噌、和辛子を塗り、チーズとハムをのせる。
  3. フライパンに油をなじませ、大きな円形の薄焼きたまごをつくる。
  4. たまご液が固まる前に②をのせて、四辺を折り返す。
  5. お好みで黒コショウをふり、④を返してフタをして弱火で2分程度蒸し焼きにし、食べやすく切り分ける。

ポイント:薄焼きたまごが固まる前に用意しておいたパンをのせましょう。そうすることで、四辺が折りやすくなります。

材料(1~2人前)

2個
サンドイッチ用食パンスライス 1枚
スライスハム 2枚
スライスチーズ 1枚
塩・コショウ
サラダ油 大さじ2程度
西京味噌 小さじ2程度
和辛子 小さじ2程度
黒コショウ お好みで
小宮理実(こみやりみ)
料理研究家

京都生まれ育ち。おせち料理や季節の行事食を得意とし暦に添ったお祝い料理や普段の家庭料理を伝える。
その他、盛り付け指南、商品開発、監修業務を担当。
子供たちに本物の食を伝える食育活動にも力を注いでいる。

PAGETOP