RECIPE

一皿のお味噌

日々の暮らしにお味噌をすこし。味良くここちよく暮らしをみつめて。
夏野菜の味噌パスタ

京都の7月と言えばやっぱり祇園祭。
今年は開催も決定し、とてもわくわくしています。
そして夏の旬と言えば、ぶらさがりもん野菜です。
トマト、キュウリ、ナス、おいしさもヒートアップしています。
今回はフライパンひとつで作る「夏野菜の味噌パスタ」をご紹介します。
まずは、ミニトマト、ナス、ニンニクをご用意ください。
フライパンにオリーブオイルとニンニクスライスを入れ弱火でじっくりと香りを出します。
そこへ野菜を加え、ナスにたっぷりと油を吸わせたら事前に用意しておいた味噌スープを流し入れパスタを半分に折って一緒に加えます。
くつくつと煮て、パスタに火が通ったら完成です。
仕上げに、オリーブオイルをまわし入れ、お皿へ盛り付けます。
ミョウガと黒コショウでアクセントをつけて、おいしくどうぞ。

つくり方

  1. 水に鶏ガラスープの素、西京味噌を入れよく混ぜる。
  2. ミニトマト、ナスは食べやすく切り、ニンニクはスライスにする。
  3. フライパンにオリーブ油、ニンニクを加え弱火で香りを出す。
  4. ②の野菜を炒め、しんなりとしたら、①のスープ、パスタ麺を半分に折り加える。
  5. 麺に火が通ったら、再びオリーブオイルをまわし入れよく混ぜて、うつわに盛り、お好みでミョウガをのせ、黒コショウをふる。

ポイント:野菜もパスタもすべてフライパンひとつで調理します。早茹でパスタを使うと効率よく仕上がります。

材料(1~2人前)

ナス 1本
ミニトマト 5個
ニンニク 1ヵケ(スライス)
ミョウガ 1個(小口切り)
パスタ麺 1人分(茹で時間の短いものがお薦め)
オリーブ油 大さじ3~4程度(うち仕上げに大さじ1使用)
黒コショウ お好みで

【スープの素】

西京味噌 大さじ2
鶏ガラスープの素 小さじ2
350cc
小宮理実(こみやりみ)
料理研究家

京都生まれ育ち。おせち料理や季節の行事食を得意とし暦に添ったお祝い料理や普段の家庭料理を伝える。
その他、盛り付け指南、商品開発、監修業務を担当。
子供たちに本物の食を伝える食育活動にも力を注いでいる。

PAGETOP