RECIPE

一皿のお味噌

日々の暮らしにお味噌をすこし。味良くここちよく暮らしをみつめて。
フキノトウ味噌

皆さん、こんにちは、弥生となりました。
お花も咲き始め、日増しに、春めいてゆきますね。
華やかな季節の到来です。
この時期ならでは、春のほろ苦、山菜はいかがでしょうか。
わたしのイチオシは「フキノトウ味噌」です。
お味の決め手は、西京味噌とオリーブオイル。
フキノトウは包丁を入れると、変色がはじまることから炒める直前に粗いみじん切りにします。
フライパンにオリーブオイルをなじませ、フキノトウを炒めたら塩・黒コショウをふり事前にひとつにしておいたお味噌を加え、さっと炒めて完成です。
今回は雑穀クラッカーに、カマンベールチーズをご用意。
その他、厚揚げの焼いたものや、トーストにもよく合います。
フキノトウと西京味噌のマリアージュをお楽しみください。

つくり方

  1. 西京味噌と酒を一緒にし、よく混ぜておく。
  2. フキノトウは粗いみじん切りにする。
  3. フライパンへオリーブオイルをなじませ
    フキノトウを炒め、しんなりとしたら、塩・黒コショウをふる。
  4. ①を加え、よく混ぜて、火を止めたら完成。

ポイント:フキノトウは炒める直前に包丁をいれましょう。
色の変色を防ぎます。

材料(2~3人前)

※は事前にひとつに混ぜておく

フキノトウ 50グラム(粗みじん切り)
白味噌 ※ 70グラム
酒 ※ 大さじ2
ひとつまみ
黒コショウ ふたつまみ
オリーブオイル 大さじ1~2

小宮理実(こみやりみ)
料理研究家

京都生まれ育ち。おせち料理や季節の行事食を得意とし暦に添ったお祝い料理や普段の家庭料理を伝える。
その他、盛り付け指南、商品開発、監修業務を担当。
子供たちに本物の食を伝える食育活動にも力を注いでいる。

PAGETOP