RECIPE

一皿のお味噌

日々の暮らしにお味噌をすこし。味良くここちよく暮らしをみつめて。
鶏手羽と緑豆はるさめの中華スープ

日増しに朝晩の寒暖差が気になりはじめました。
いよいよ秋も本番ですね。
今月はほっこりと温かい「鶏手羽と緑豆はるさめの中華スープ」です。
具だくさんかつ、気軽にお作りいただける簡単レシピは洗い物もできる限り少なくしたいので深めのフライパンひとつで仕上げています。
まず、鶏手羽は食べやすいように包丁で切り込みを入れ皮面をパリパリに焼いて、塩・コショウを強めにふります。
事前にひとつに合わせておいた西京味噌入りの中華スープを注ぎ、シイタケ、緑豆はるさめ、白ネギを加えひと煮立ちしたら完成です。
お好みで、ラー油、黒コショウをかけてどうぞ。

つくり方

  1. 鶏手羽は包丁で切り目を入れ食べやすくしておく。
  2. 鍋にサラダ油をなじませ、①を皮目から焼き塩・コショウをふる。
  3. スープの素を注ぎ、煮立ってきたら、シイタケ、緑豆はるさめ、白ネギを入れる。
  4. うつわに盛り付け、好みでラー油、黒コショウをふる。

ポイント:鶏手羽の裏側に横一文字の切り目をいれておくと食べやすいでしょう。

材料(2~3人前)

鶏手羽 5~6本
緑豆はるさめ 適量
シイタケ 2個(薄切り)
白ネギ 1本(斜め切り)
サラダ油 小さじ2
塩・コショウ 少々
ラー油・黒コショウ お好みで

【スープの素】

500ml
西京味噌 大さじ1
鶏ガラスープの素 大さじ1

小宮理実(こみやりみ)
料理研究家

京都生まれ育ち。おせち料理や季節の行事食を得意とし暦に添ったお祝い料理や普段の家庭料理を伝える。
その他、盛り付け指南、商品開発、監修業務を担当。
子供たちに本物の食を伝える食育活動にも力を注いでいる。

PAGETOP