RECIPE

一皿のお味噌

日々の暮らしにお味噌をすこし。味良くここちよく暮らしをみつめて。
お味噌で作る豚の角煮

もうすぐ季節も立春、暦の上では春の到来です。
とは言え、実際のところは寒さが一番厳しいころ。
今の時期はからだを温め、ごはんや晩酌のお供にも合う煮込み料理があると嬉しいですよね。
そこで、お薦めしたいのが「お味噌で作る豚の角煮」です。
お味の決め手は、西京味噌と健康食材の王様「大豆」そして、ネギ、ショウガ、ニンニクも加え、からだを温める野菜大集合です。
下準備として、豚肉は事前に酢を加えた水から下茹でをします。
その際、一緒にゆで卵も作ってしまいましょう。
酢を加えることで、豚肉はやわらかく、卵の殻もつるんとむけます。
その後は、鍋にすべての具材をひとつにし、塩・コショウをふり煮汁を注ぎコトコト煮込みます。
おいしそうな香りがしてきたら、完成です。
是非、お台所から聞こえる、煮込みの音にも癒されてくださいね。

つくり方

※具はすべて材料の説明通り切る。

  1. 豚肉、卵は殻ごと、水と酢を加えた鍋に入れ火にかけます。
    (約10分茹で、卵の殻をむく)
  2. 再び、鍋に具材をすべて加え、塩・コショウをふり、煮汁をすべて注ぎ火にかけます。(中火で15分)
  3. 蓋をしてさらに弱火で15分煮る。
  4. うつわに盛り、好みで黒コショウをふり、完成。

材料(2~3人前)

豚バラブロック 300g(5cm程度の角切り)
2個
大豆(水煮) 150g
白ネギ 1本(5cm程度の長さに切る)
ニンニク 35g(皮をむく)
ショウガ 35g(スライス)
塩・コショウ ややしっかりと
黒コショウ お好みで

【煮汁】※事前にひとつに混ぜておく

300cc
200cc
西京味噌 120g
薄口しょう油 大さじ1
砂糖 大さじ2

【下茹で用】

1000cc
大さじ1

小宮理実(こみやりみ)
料理研究家

京都生まれ育ち。おせち料理や季節の行事食を得意とし暦に添ったお祝い料理や普段の家庭料理を伝える。
その他、盛り付け指南、商品開発、監修業務を担当。
子供たちに本物の食を伝える食育活動にも力を注いでいる。

PAGETOP